香水の香りを長持ちさせたい人に贈る香りを長持ちさせる方法

still-life-1460067__340.jpg

男女問わず話した人から良い香りがフワっと
したら好印象を持つものですね。

一方、香りがなくなることや相手への印象を
気にしすぎてたっぷりと香水をつけてしまう
人が増えていて、スメルハラスメントなどと
いう言葉も聞かれるようになりました。

では、このフワっとほのかに香る香水の香り
を長持ちさせるにはどうしたらよいのでしょ
う?


どんなときにどこにつければ香水の香りが長
持ちするのか、おすすめの方法を紹介します。

この記事のテーマは、
香水の香りを長持ちさせる方法とおすすめの
つけ方
です。




香水は風呂上りにつけるのが長持ちの香り長持ちの秘訣



香水は好きな時につけていいんじゃないの?

香水をつけたい時につけるのは間違いではな
いのですが、乾燥した肌に香水をつけても香
りは長持ちしません。


それは香水が乾いて揮発してしまうからです。

それに、汗をかいた肌に香水をつけても、汗
のニオイが香水の香りの邪魔をします。

汗や肌の汚れをきれいに落としてから香水を
つけることで香りが長持ちします。

香水は無香料保湿液を塗った後につけるのが香り長持ちの秘訣



香水の本場である外国では有名な方法です。

お風呂で体の汚れを落とした後に、体につ
いた水滴をふき取り、無香料の保湿液を塗
って肌に潤いを与えます。

その上に香水をつけて、数秒間軽く手で押
さえます。

香水の肌への密着力が高まって香水のフワ
っとした良い香りが長く続くようになりま
す。




香水は手首・ウエスト・太ももの内側・ひざの裏・足首の内側につけるのが香り長持ちの秘訣



香水は太い血管がとおっている場所や高い
体温の場所につけると強い香りがします。

これは、香水に含まれるエタノールが揮発
することで生まれる効果です。

香水をつける場所で一番知られているのは
手首です。

耳の後ろや首筋も体温が高い場所なので香
水をつける場所としてメジャーなのですが、

加齢臭を気にする世代にはあまりおすすめ
しません。

なぜなら、香水の香りと加齢臭が混ざって
香水の良い香りを邪魔するからです。

香水は体温が上がると温まめられて香りが
徐々に強くなっていくので、下半身につけ
るのをおすすめします。

ウエスト・太ももの内側・ひざの裏・足首
の内側
につけると相手の鼻から少し遠い位
置になるので、フワっと良い香りを感じさ
せること
ができますし、汗をかきにくい部
分につけることで香りが長持ちします。


香水はつける場所を分散することが香り長持ちの秘訣



香水を一か所に集中してつけると、つけた
部位で汗をかいたり、擦れてしまうと香り
が弱くなったりします。

体温は高いけど汗をかきにくい部位の2~
3カ所に分散させてつけることで香りが長
持ちします。




香水をつけた後は自然に乾燥させるのが香り長持ちの秘訣



よく香水を手首や首筋につけたあとに擦っ
て肌になじませようとしている人がいます
が、これはやってはダメです。

なぜなら、香水の粒子をつぶしてしまう
で、香水の香りが長持ちしなくなってしま
うからです。

香水をつけた後は自然乾燥させることで、
香水の香りが長持ちします。

香水はワンプッシュで遠めからつけるのがおすすめのつけ方



香水を長い間使っていると、香りがしない
感じがすることがあります。

また、良い香りをさせようと意識するあま
り、たくさんつけてしまう人もいます。

自分でもはっきりとわかるニオイは、強い
ニオイになっていることが多く、他の人に
不快感をあたえる原因
となってしまいます。

香水はワンプッシュで少し遠目から霧状に
つけるのがニオイがきつくならず、フワっ
と香るのでおすすめです。


汗かきな人や体臭が気になる人は下着やハンカチにつけるのがおすすめのつけ方



下着やハンカチ、使わない布に香水をつけ
てクローゼットに入れて置くのもおすすめ
です。

体に直接つけないので、汗のニオイや体臭
と香水の香りがまざることはないし、衣類
からほのかに香水の良い香りがします。


まとめ



いかがでしたでしょうか。

良い香りをさりげなく身にまとっていれば、
清潔感があり好印象ですよね。

僕もプレミアムパヒューム ストーリア
とい
う香水をつかっているのですが、

この記事のほのかな良い香りを長持ちさせ
る方法で使っています。

これから香水を使い始める人や香水の良い
香りを長持ちさせたい人の参考になればう
れしいです。






この記事へのコメント